表と裏

道に落ちてた花がなにかずっと気になっていた去年の6月。

誰に聞いても分からないので今年の6月をずっと待っていました。

道に落ちていたのは裏側をみせていたのに、表と間違えていて花と信じていました。

花びらや雄しべ雌しべがホロホロと崩れるので木から落ちたての新鮮な花を見てやっと分かりました。

この花はなんでしょうか?

なかなか調べがいがあって、調べながらいろんな野草や花に惹かれていきます。

2枚目画像もヒントです。

困難に負けない心

昨今の出来事に、気が滅入ることばかりで何ともやるせない思いが絶えません。しかし、時はそんなこと関係なしに流れて行きます。

世の中やっぱり良い事ばかりではありません。今の私があるのは、二十代の体験が少なからず影響しています。私は奈良県農業大学校を卒業し「派米農業研修生」として2年間、アメリカの農業を垣間見ました。経済性・効率性を追求した農業の光と影は、逆に日本農業の可能性を私に確信させました。

あなたの周りに海外農業研修にに関心のある青年が居りましたらどうか紹介してください。お願いします。自己研鑽の場としては最適です。

君もアグトレに参加しよう!|国際農業者交流協会(JAEC)【公式

P.S 昨日の強風で苗代のトンネル被覆が飛ばされていました。

お米作り開始

塩水選(濃度1.17%)浸水・撹拌
比重の軽い籾を除く
温度60℃のお湯に7分漬けた後、冷水で冷やす。
ぼかし肥原料    米ぬか・鶏糞・籾殻燻炭・草木灰
苗箱の下層に混ぜたぼかし肥料原料を敷く
苗箱の上層に籾殻燻炭を入れる
散水して醗酵を待つ

いよいよ今年もお米作りの 季節がやってきました。

世の中何が起こっていても生きとし生けるものに必要な物は食べ物です。

今年も元気にお米作りが出来る事に感謝して。

どうか美味しいお米が穫れますように‼

死んでもいいの?!

ひろみさん本

死にたくなる時。あります。

普通に暮らしていてもあります。

でも。。。

岸田ひろ実さんは。。。

彼女は暗黒の状況に思える中で

新しい人生を始められたのです。

もう、答えが「愛」しかなくて。

泣ける(涙)

関西人なら笑いの中にも愛を探せます。

愛や夢、希望・・・

簡単な言葉の中には、

簡単にいかない経過がある。

そこに想いをはせられる、

周りの力が加わっていく、

ゆるやかなムーブメントを感じます。

「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」(著:岸田ひろ実)

お薦めいたします。

伝統行事

あけましておめでとうございます。

今日は村で午前に「元座講」(がんざこう)並びに「ケイチン」と言う伝統行事を行いました。

「元座講」という行いは皆でこの1年の無病息災と五穀豊穣を願います。そして、災いが村に入ってこないよう村の入り口にしめ縄を張る「カンジョウ掛け」をやりました。

「ケイチン」は鬼の的に弓射をすることです。これも、鬼退治と新年を占う行いです。

 元々、別々の日に行われていましたが、正月の第2日曜日と定め、皆が参加できる様に改めました。

 このような行いは村の絆を保つ大切な伝統行事としてこれからも守ってゆきたいものです。

雑感5

遠い外国の少女が地球の危機を訴えて、それに呼応して世界中の多くの人々がデモをしている映像を見ました。これは一つの表現行動としてとても勇気がいる事と思います。到底、私にはできそうもありません。ただ、日々の生活において何をやり、又、何をやらないかを具体化していく事を心掛けたいと私は思います。そして、12月半ばにもなって青く伸び続ける堆肥用の草を刈っています。

うれしい知らせ‼

昨日、3年前に原木椎茸の植菌体験の手伝いをした「森の幼稚園」のグループの方から今年は豊作で子供等とその場で焼いて食べ、採りたての原木椎茸の美味しさに椎茸嫌いの子もパクパク食べていたそうです。

思いもかけない知らせに、役に立てた事の嬉しさと、その子らの今後の生活に何らかの好影響の有らんことを願わずにはいられません。

よ  

OriHimeにつながる自然体験学習

森林環境の講習を受けています。

今日の講師は自然観察指導員さんとのこと。自己紹介の時からずーっとお話がとまらない。結構おとぼけをかますような感じで笑いをさそい、満面の笑みを絶やさない。子供たちのキャンプ指導もされているということで、昔こどもだった大人をこども時代に戻してくれるかのような魔法の力を持たれていました。

ふとOriHimeの宣伝までされて、なんとオリィさんのお父様でした!!! すごーい。。。!!!

AIでは孤独に寄り添えないロボットOriHime開発者、のお父様です。すごすぎる。。。

大きな人の下では、大きく育っていくんですね。学校の教員もされててお忙しい中、ご自身の子育てに悩みながらもしっかり見守り寄り添われ、苦労話とかではなく、信じてきた喜び幸せオーラをいただきました。

森林環境、自然体験、キャンプ。。。子供たちの体験を大切に見守りたい、それだけでなく、大きな大人の背中を見せられたら素敵だなあ、と学んだ講習会でした。

命あるもの

農はほんといろいろなものに繋がっていて、毎日が生と死の間、「生かされている」日々を感じています。

農村に住んでいる人は大変元気で驚きます。入院しても病院に行っても術後でも、とても元気です。

人間も元気ですが、モノまで元気です。ペットも飼い主に似ると言いますが、今日は携帯電話が洗濯機の中から鳴りました。洗いからすすぎ、脱水まで約30分間の洗濯コースの中で生きていました。携帯電話を探していた時の呼び出し音は弱かったのですが、鳴ってるし通話も出来る。ただ洗濯されて綺麗になっただけ。。。普通なら水没状態で壊れているところなんでしょうが、なんというか「持ち主に似た携行品」を感じました。

なんなんでしょう

運が良かったというのか

農村パワーというのか

得体の知れない命パワーがまぶしくて

すごい磁場かなんかがあるのかしら、とか思ったり

不思議なことがたくさんあります

こちら山ですが、山の命、元気をもらっているんだろうなあ、と思います。

オーガニックに元気が繋がっていくと良いです◎

 

 

秋の山野草

秋の山野草

稲刈り順調にすすんでいます。

豊作とはいえないまでも、日照不足や雑草に負けないで、頑張って育ってくれたなーと思っています。

ふと脇をみると、秋の山野草が咲いて、これからますます山粧う秋となっていくんでしょうね。楽しみです。

オトコエシ、?、?、ヤマノイモ

雑草や山野草、名前がなかなか調べられません*

勉強しないといけないことがたくさんです。。。