薪風呂

夜になると、まだ少し肌寒さが残る春山の中。

薪風呂がとても気持ち良いです。

小さな枯れ葉、小枝、、、と火を育てて、あとは太めの薪で徐々に温度を上げていきます。

山の水と、薪のお風呂で、ぜいたくな時間です。

鹿の角発見!! 

冬季湛水の田おこし
田んぼに足跡が
鹿の角発見!!

冬季湛水(とうきたんすい)の田に何者かの足跡が!

なんと鹿の角が落ちていました。ここ数年、鹿の被害が増えてきています。

もはや野生動物たちは原野で餌を探すより農地にこそ美味しい餌があると学習したようです。

 

お米の出荷 

ななめ45度姿
箱の再利用

こちらからでも、もちろんメールでご注文承ります。アプリを利用されておられない方もいらっしゃいますので。左写真は5kg入りのななめ上45度姿。段ボールの再利用で出荷させていただきます。数量や精米度合などご希望をおしらせください。ご入金確認後の発送となります。

お米の出品

感染問題がおさまらず、いろいろな問題が浮上しています。そんな中なにが出来るのか、お買い物ですら外出に敏感になってしまう方を考えて、とりいそぎメルカリに出品してみました。奈良県 令和元年産 ひとめぼれ 玄米 精米 減農薬 あたりで検索してみてください。探し出せるかな? まるいですね とコメントいただければ、帯をつけて出荷いたします。

他に出来る事を考えながら、今は田植え作業を一生懸命がんばっています。みなさんもどうかご自愛の上、元気にお過ごしください。

種籾ベッド

「お米の種」を蒔く準備をしています。

種籾ベッドは、お米の保育園。専用の箱に蒔きますが、土は重いので殺菌を兼ねたモミ殻燻炭(くんたん)を半分いれます。とても手間ですが、心をこめるポイントです。

スクスクと元気よく育ちますように。

C.W.ニコルさん

 C.W.ニコルさんが死去されたとのこと。大きくて静かな力があり、
ほんと巨木の妖精か神様か、のイメージを持っていました。環境活動家、という難しい仕事をやってのけてくれました。後に続け!なんて、そんな簡単にはいかない*
 世界中をまわって、日本に落ち着き、自然のすばらしさを文章にも残してくれました。彼の文章は、こもれびや森の香りまで感じられて、私には読みやすく心に染み入りました。
 中でも感銘を受けたのが、イヌイットのシャーマンからの言葉。
「旅をはじめると自然の音が全部耳に入る。自然がおまえに話しかける。もう少しすると、山、岩、川がしゃべっているのが聞こえる。さらにもっと自分を開いたら、星もしゃべる」
 ニコルさんが感じたこと、私にも伝わってくる。・・・!、わかる!
お会いしたこともないけれど、尊敬していたし、同じ人種♡、と親しみを持っていました。志を引き継いで森と会話していけたらなあ、と思います。森好きな人とも出会っていきたいです。彼はきっと森の中で待っててくれてる、また会える、そんな気がします。ご冥福をお祈りいたします。

ひげ取りや湯温消毒

種もみ準備
種もみのひげ取り
種籾準備
もみの温湯消毒

いよいよお米作りの季節になりました。

もみのひげ取りは種まき機に詰まらないように、

 

そして、

 

温湯(おんとう)消毒は種籾の雑菌を60度のお湯で10分間くらい漬けて殺菌することです。

発酵中

堆肥IMG_20200324_081707

3日後の発酵温度は66.9度にまでなっています。その後米ぬかを加え散水して水分を補給し2,3回切り返しを繰り返して最終的に70度を超えました。

冬山キャンプ to 乗鞍

農業をしながら、自然や伝統や未来のことを考えています。出来ることをやってみようと、農業体験や自然体験などの提供をするようになりました。子供のうちから、いろいろな体験をしてほしいと願っています。

先日は、乗鞍まで冬山活動をしてきました。「かんじき」を履くと、ふかふかの深雪でも楽に歩けます。

チューブそりにも乗ってきました。広いグランドの斜面を独り占め気分で、ガンガン滑ることが出来ました。

デジタルデトックス☆ 

子どもに劣らず、大人の笑顔も最高でした♪